年間日程



掲示板



        

  

..
 
       想いの力
 ホームページ引越いたします。
長らく御覧いただいた当ホームページですが、このたび終了して引越すことといたしました。

次のホームページは、ブログ形式となります。

http://bunsugist.info

今後はこちらのサイトにて引き続き情報発信をしてまいります。
当サイトの方は、夏ぐらいには終了し、閲覧が不能になります。

長らく御覧いただき、誠にありがとうございました。
新ブログと、文大杉並高校を今後ともよろしくお願い申し上げます。


 全国選抜大会
2017年3月28~30日、名古屋市の日本ガイシスポーツプラザにて、全日本高校選抜ソフトテニス大会が開催されました。
文大杉並高校は、残念ながら3回戦で明豊高校に惜敗しました。
昨年は優勝したこの大会、今年も優勝を、と思い臨みましたが残念でした。

しかし、心機一転、この4月以降は新しい気持ちでまた練習に取り組んでいきたいと思います。
応援、ありがとうございました。


  全国私学大会
2017年3月23日、東京体育館にて、全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会が開催されました。
文大杉並高校は団体戦の決勝に進出しましたが、アゼリアカップに引き続き、三重高校に惜敗し準優勝となりました。
応援、ありがとうございました。


アゼリアカップ高校選抜大会
2017年2月11日、12日、香川県高松市総合体育館にて、第30回高松アゼリアカップ高校選抜国際大会が開催されました。
2年生、1年生の新しい代になってからの初の全国レベルの大会となり、各対戦で熱戦が繰り広げられました。
結果は、決勝戦で三重高校に惜敗し、準優勝となりました。
応援、ありがとうございました。

春の全国選抜まで残り1カ月、この大会で見つかった課題をしっかりと修正していきたいと思います。




シングルス大会 兼 ハイジャパ予選
2017年1月29日、駒沢オリンピック公園テニスコートにて、2016年度東京都シングルス大会兼2017年ハイジャパシングルス予選が行われました。
文大杉並高校からは16名が参加し、熱戦を繰り広げました。
結果、
 優勝  小林 愛美 選手
 準優勝 林田 リコ 選手
 第三位 宮下 こころ 選手
 第三位 川村 真帆 選手
となりました。ベスト 4 独占です!

小林 愛美 選手は、東京都代表として、今年6月21日(水)~25日(日)札幌で開催されるハイスクールジャパンカップのシングルスに出場します。引き続きの応援、よろしくお願いいたします!


優 勝
小林 愛美 選手


準優勝
林田 リコ 選手

第三位
宮下 こころ 選手

第三位
川村 真帆 選手


関東インドアも10連覇
2017年1月14日、東京体育館にて2016年度関東高校選抜インドア大会(全国選抜大会関東予選)が開催されました。文大杉並高校はこの大会でも優勝し、関東インドアも10連覇を達成しました。次はいよいよ 3月28日~30日に名古屋で開催される全国選抜大会です。
当日は保護者の皆様、OGの皆様、たくさんの関係者の方々が応援に駆けつけてくださいました。
応援、本当にありがとうございました。



東京インドア10連覇
2017年1月4日、東京都墨田区総合体育館にて2016年度東京インドア大会(全国選抜大会東京都予選)が開催されました。文大杉並高校はこの大会で優勝し、10連覇を達成しました。文大杉並高校と準優勝の千代田女学園高校は、1月13日、14日に東京体育館で開催される、関東高校選抜大会に出場し、3月の全国選抜大会を目指します。
当日はOGの方をはじめ、保護者の皆様、たくさんの関係者の方々が応援にかけつけてくださいました。
応援、本当にありがとうございました。


 東京都私学新人大会
 2016年11月20日、家政大学附属高校にて2016年東京都私立高等学校新人選手権決勝大会が開催されました。文大杉並高校からは9ペアが出場し、熱戦を繰り広げました。
結果、
 
優勝   林田、宮下ペア
 
準優勝  小林・川村ペア
 
第3位   黒坂・高林ペア
 
ベスト8  横山・原島ペア
 
ベスト8  菅野・原田ペア
という結果になりました。
今回も、保護者をはじめ、たくさんの応援の方が駆けつけてくださり、誠にありがとうございました。
個人戦はこれにて終了し、ここからは春の選抜に向けて団体戦のシーズンとなります。選抜に向けてチーム一丸となると同時に、来年の春の個人戦に向けて、部内でも切磋琢磨していきたいと思います。


優勝
林田・宮下ペア

準優勝
小林・川村ペア

第3位
黒坂・高林ペア


ベスト8
横山・原島ペア

ベスト8
菅野・原田ペア

東京都新進大会結果
2016年11月6日、家政大学付属高校にて2016年東京都新進大会の決勝大会が開催されました。
文大杉並高校からは10ペアが出場し、熱戦を繰り広げました。
結果、
 
優勝   林田・宮下ペア
 
準優勝  小林・川村ペア
 
ベスト8  横山・原島ペア
という結果となりました。
当日は、保護者やその他たくさんの関係者の方が応援に駆けつけてくださいました。
応援、本当にありがとうざいました。


優勝
林田・宮下ペア

準優勝
小林・川村ペア

ベスト8
横山・原島ペア



全国三冠制覇祝勝会
2016年10月12日、文化学園大学杉並高校にて「全国三冠制覇祝勝会」が開催されました。
当日は、インターハイ三位、全日本女子オープンにて優勝したレスリング部の祝勝会も同時に行われました。
祝勝会では、松谷校長先生、野口先生、武元先生のお話しのほか、来賓のご挨拶、選手紹介、とっておきビデオの上映など行われました。
選手のご家族のほか、過去にお世話になった先生方、たくさんのOGの方にもお越しいただき盛大な祝勝会を開催することができました。本当にありがとうざいました。
 
2016希望郷いわて国体結果
優勝・高校3冠達成!
2016年10月4日(火)、5日(水) の2日間に渡り、岩手県北上市にて今年の国体ソフトテニス競技が開催されました。
東京都少年女子チームは文大杉並高校の単独チームとなり、5名の選手が出場しました。(宮下真緒選手、上田理央選手、吉原花海選手、林田リコ選手、宮下こころ選手)
本年の少年女子は24チームの参加となり、初戦から激戦がつつきました。そして強豪の和歌山県を破って勝ち上がってきた広島県との決勝戦となりました。3番勝負にもつれる展開の中、宮下真・上田ペアが優勝を決めました。
これにより、文大杉並ソフトテニス部は、春の選抜、夏のインターハイ、秋の国体のすべて優勝し、見事に「高校三冠」を達成しました。また、2月のアゼリアカップ、3月の全国私学も含め、今年の主要な団体戦すべてにおいて優勝することができました。
この大会にも、多くの保護者、関係者の方々が遠路駆けつけてくださり、本当にありがとうございました。

これで今年の主要な全国レベルの大会も終わり、本格的に代替わりです。今月の末から始まる東京都新進大会は、2年生・1年生のみの大会となります。
引き続きの応援を何卒よろしくお願いいたします。






JOC杯 第23回全日本ジュニア大会結果
 
2016年9月17日(土)18日(日)の2日間に渡り、広島県にて表記の大会が開催され、
 ダブルス、シングルスの試合が行われました。文大杉並高校からは

 U-20 宮下真緒選手、上田理央選手、中村彩乃選手、吉原花海選手
 U-17 林田リコ選手、宮下こころ選手、小林愛美選手

 が参加しました。
 そして、参加選手全員が入賞という結果となりました。応援ありがとうございました。


U-20 ダブルス準優勝
中村・吉原ペア

U-20ダブルス3位
宮下・上田ペア


U-17ダブルス優勝
林田・宮下ペア



U-17ダブルス3位
小林愛美選手
ペアは島津佳那選手
(千代田女学園)

U-17 シングルス
優勝 林田リコ
準優勝 宮下こころ
3位 小林愛美



東京都私立高校選手権
 
個人・団体優勝
 東京都の私立高校の選手権は、8月16・19日、9月4日に個人戦、8月19日に団体戦が行われ、個人戦優勝・準優勝、ベスト8入賞、団体戦は優勝を飾ることができました。
ベスト8に文大から6ペア入賞できました。応援有り難うございました。


優勝林田・宮下ペア

準優勝高林・川村ペア

3位小林・原島ペア

3位横山・原田ペア

ベスト8黒坂・田中ペア

ベスト8齊藤・近藤ペア




東京都新人大会
 
個人 優勝・準優勝、ベスト8
 8月23・24日に有明コート他にて行われた東京都新人大会個人戦優勝・準優勝、また、ベスト8入賞を飾ることができました。応援有り難うございました。

優勝
小林・川村ペア

準優勝高林・黒坂ペア

ベスト8齊藤・田中ペア

インターハイ2016
 
団体・個人 完全優勝
 7月28~31日に岡山県備前市にて行われた全国高等学校総合体育大会において死闘を制し、団体戦優勝、また、個人戦でも1位2位3位を飾ることができました。応援有り難うございました。


ハイスクールジャパンカップソフトテニス2016
 
優勝 ダブルス 林田・宮下(こ)ペア
 6月22~26日に札幌市営円山庭球場にて行われた標記大会において、林田・宮下ペアがダブルスで見事優勝を飾ることができました。応援有り難うございました。

平成28年度 インターハイ団体予選 東京都予選
 
優勝 6連覇
 6月12日に府中の森テニスコートにて行われた標記大会において、見事優勝を飾ることができ、6連覇を達成することができました。応援有り難うございました。本選でも頑張ります。

 平成28年度 関東大会 
 団体・個人(宮下・上田ペア) 優勝
 6月4~5日に行われた標記大会において、個人戦では宮下真・上田ペアが頂点に立ち、そして団体戦でも見事
優勝を飾ることができました。応援有り難うございました。インターハイでも頑張ります。

平成28年度 インターハイ個人予選 東京都予選
 
林田・宮下ペア 優勝
 5月15・22日に標記大会において、林田・宮下こペアが見事優勝を飾ることができました。また、他の選手も頑張り、ペスト8中7本を文大杉並の選手が占めました。応援有り難うございました。本選でも頑張ります。

第23回 全日本シングルス
        ソフトテニス選手権大会
 
林田リコ選手 準優勝
 5月14~15日に奈良県橿原公苑明日香庭球場にて行われた標記大会において、林田選手が見事準優勝を飾ることができました。他の選手も頑張りました。応援有り難うございました。

《決 勝》 林 田 3- 徳 川(ヨネックス)
《準決勝》
 林 田 
-0 志弁田(神戸松蔭学院)
《準々決》
 林 田 
-3 横 山(アドマテックス)
《5回戦》
 林 田 
-1 山 本(就実高校)
《4回戦》
 林 田
 ④-2 望 月(明治大学)
      小 林 0-
 早 川(高岡西高)
《3回戦》 林 田 -1 片 山(天理大学)
      小 林 
-3 比 永(ワタキュー)
      上 田 1-
 榎 本(どんぐり)
《2回戦》 林 田 ④-3 冨士原(岩手見前STC)
      小 林
 ④-3 和 田(青山学院大学)
      上 田 
-0 小 路(城山観光ホテル
      中 村 2-④ 小 谷(ダンロップ)
      宮 下 1-
 冨 田(どんぐり
《1回戦》
 林 田 -1 香 川(国学院大學)
      小 林 
-3 森 松(ダンロップ)
      上 田 
-1 佐々木(関西大学)
      中 村 -0 吉 野(昭和学院短期大学)
      宮 下 
-2 新 樹(トヨタ自動車)
       吉 原 1- 藤 森(中京大学)

平成28年度 関東高等学校女子ソフトテニス選手権大会東京都予選
 
団体・個人 優勝
 4月24~5月4日に行われた標記大会において、団体・個人ともに優勝を飾ることができました。応援有り難うございました。6月3~5日に千葉県白子町で行われる関東大会でも頑張ります。
《優 勝》 林田・宮下(こ)
《準優勝》
 勝又・小松崎
《3 位》
 中村・吉原
《5 位》
 紺谷・五十嵐 小林(愛)・高橋
      宮下(真)・上田
《9 位》
 吉澤・小林(萌) 横山・寺本
《敗者復活》
半谷・川村(真) 高林・原島 


第41回全日本高等学校選抜ソフトテニス大会
 
優勝 
春の高校日本一
 3月28~30日に愛知県名古屋市日本ガイシスポーツプラザにて行われた標記大会において見事3年ぶり3回目の優勝を飾ることができました。応援有り難うございました。



写真提供:ソフトテニス・オンライン

第50回全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会
団体優勝
 3月23日に東京体育館にて行われた標記大会において見事団体優勝することができました。応援有り難うございました。



第29
 高松アゼリアカップ高校選抜ソフトテニス国際大会 2連覇
 平成28年2月13日~14日の2日間、香川県高松市総合体育館にて標記大会が行われました。その結果、昨年に引き続き、見事団体優勝を勝ちとりました。応援有り難うございました。


第45回 東海高校選抜 インドアソフトテニス選手権大会 優勝
 平成28年2月11日に浜松アリーナで行われた標記大会において、宮下・上田ペアが見事優勝しました。応援有り難うございました

平成27年度 シングルス大会兼ハイスクールジャパンカップ予選

 平成28年1月17日に都立大泉高校で行われた標記大会において宮下真緒選手が見事優勝しました。なお、文大杉並はベスト8中 7本を占め、ベスト4は独占でした。応援ありがとうございました。 (詳細はPC版HPサイドメニューからどうぞ)

平成27年度 
第41回関東高校選抜ソフトテニス大会 
9連覇
 平成28年1月10日に所沢市民体育館にて行われた標記大会において見事優勝をし、9連覇を果たしました。たくさんの応援ありがとうございました。
 次は、3月に名古屋で行われる全国高校選抜です。優勝目指して頑張ります。
東京都インドアソフトテニス大会9連覇
 平成28年1月4日に墨田区総合体育館にて行われた標記大会において見事優勝をすることができました。たくさんの応援ありがとうございました。
 次は、1月10日に所沢体育館にて関東インドア大会が開催されます。優勝目指して頑張ります。

第42回 東京私立高等学校新人選手権大会
《優勝》
 林田 リコ ・上田 理央
《3位》
 勝又菜々美 ・ 小松崎梨代
《3位》
 宮下 真緒 ・宮下こころ
《5位》
 清原 美月 ・根本理絵子
《5位》
 中村 彩乃 ・高橋 真由
《5位》
 小林 萌  ・吉原 花海


新進大会結果
 11月3日に新進大会の決勝大会が駒沢公園にて行われました。ベスト8のうち文大杉並が7本を占め、ベスト4は独占しました。おめでとうございます。

《決勝》
林田 リコ・宮下こころ ④-2 宮下 真緒・上田 理央

《準決勝》
宮下 真緒・上田 理央 ④-2 勝又菜々美・小松崎梨代
林田 リコ・宮下こころ ④-0 小林  萌・吉原 花海

《準々決勝》
宮下 真緒・上田 理央 ④-1 吉澤 美公・寺本 三奈
  
(文大杉並)           (文大杉並)
勝又菜々美・小松崎梨代 ④-2 中村 彩乃・高橋 真由
  
(文大杉並)           (文大杉並)
小林  萌・吉原 花海 ④-1 遠藤 優香・島津 佳那
  
(文大杉並)           (千代田女)
林田 リコ・宮下こころ ④-1 清原 美月・根本理絵子
  (文大杉並)           (文大杉並)


和歌山国体の結果
東京少年女子(文大杉並単独チーム)4位入賞




JOC杯 全日本ジュニアソフトテニス選手権大会
宮下・上田ペア 女子U-17ダブルス優勝

2015年9月19・20日に広島市中央庭球場にて行われた標記大会に見事優勝しました。

 *****************************************

 新人大会のご報告
 2015年8月27・28日に「平成27年東京都ソフトテニス新人大会」が開催されました。
 
林田・上田ペア優勝宮下真・宮下こペア準優勝勝又・小松崎ペアベスト4でした。

 準々決勝 >
宮下真・宮下こ ④-1 紺谷・五十嵐

(文大杉並)      (文大杉並)

小林・高橋   2-④ 遠藤・島津
(文大杉並)      (千代田女)

中村彩・吉原  2-④ 勝又・小松崎
(文大杉並)      (文大杉並)


掛川・越智   1-④ 林田・上田
(国本学園)      (文大杉並)

 
準決勝 >
宮下真・宮下こ ④-3 遠藤・島津
(文大杉並)      (千代田女)

勝又・小松崎  0-④ 林田・上田

(文大杉並)      (文大杉並)

 < 決 勝 >
宮下真・宮下こ 3-④ 林田・上田
(文大杉並)      (文大杉並)
 
 *****************************************
 
  私学大会のご報告
 
 2015年8月16日から19日にかけて家政大テニスコートにおいて「第57回東京私立高等学校学校対抗戦」が開催され、文大杉並高校が1部リーグで優勝しました。
  また、同期間に「第57回東京私立高等学校選手権大会」が開催され、林田・上田ペア優勝中村(彩)・吉原ペア準優勝宮下真・宮下こ小林・高橋ペア三位入賞しました。
 
 *****************************************
インターハイ特集
 敢為邁往 かん い まい おう
   ~ 奈良で努力の花が咲く ~
※かんいまいおう:目的に向かって困難をものともせず、

 自ら思い切って、まっしぐらに進んでいくこと
 
 平成27年8月1日から4日にかけ、奈良県明日香村・橿原公苑明日香庭球場に於いて、「平成27年度全国高等学校総合体育大会」が開催されました。
 
 
≪初日・個人戦≫
<1回戦>
永井・高橋      ④-0 多々納・花房
              (島根・松江商)
 
 <2回戦>
中村彩・吉原   ④-2 佐藤・高橋
             (北海道・札幌龍谷学園)

森川・生方      ④-1 佐久間・滝沢
          (岩手・花巻南)

宮下真・上田   ④-0 幸田・寺沢
               (大阪・昇陽)


紺谷・五十嵐 2-④ 佐藤・氏家
          (福島・田村)

永井・高橋      ④-0 大澤・舩木
          (石川・金沢学院東)

林田・宮下こ   ④-0 河島・佐藤
          (大阪・大冠)


<3回戦>

中村彩・吉原  ④-1 小林・山品
               (福井・福井商)

森川・生方     ④-1 中井・小牟田
            (和歌山・和歌山信愛)

宮下真・上田 ④-0 荒木・桑名
             (富山・高岡西)


永井・高橋  3-④ 宮薗・平田
          (福岡・中村学園女子)

林田・宮下こ ④-2 山根・佐伯
          (島根・浜田)

 
 
<4回戦>
中村彩・吉原  ④-2 石井・福永
          (岡山・就実)

森川・生方      1-④ 笠井・森本
          (広島・修大附鈴峯)

林田・宮下こ 3-④ 吉野・芝崎
          (千葉・昭和学院)

 
≪二日目・個人戦≫
<4回戦未消化試合>
宮下真・上田 ④-0 八木・磯
               (埼玉・昌平)

<5回戦>
中村彩・吉原  ④-2 佐藤・鈴木
               (宮城・東北)

宮下真・上田 ④-0 草野・鈴木
          (群馬・健大高崎)
 
 
<6回戦>
中村彩・吉原  2-④ 住本・高谷
               (大阪・四天王寺)

宮下真・上田 ④-3 栗原・増田
              (広島・広島翔陽)
 
<準々決勝>
宮下真・上田 1-④ 永尾・中崎
        
   (大阪・昇陽)
 
  2日間にわたる個人戦。強気で向かってくる相手に受けて入り、勢いのまま押し切られ、実力を出し切れず、初日に消えていく有力選手も…どのコートを見渡しても白熱した試合の連続、「勝つんだ!」「負けるもんか!」- 意地と意地のぶつかり合いが行われていました。そんな中、激戦の初日を勝ち切り、文大からは中村・吉原、宮下真・上田の両ペアが2日目に進み、全国の強豪ひしめく中、中村・吉原ペアがベスト16、宮下真・上田ペアがベスト8という結果を残しました。
 
  【おめでとう!個人戦ベスト8!】
 
 
≪三日目・団体戦≫
<2回戦>
 文大杉並 ③-0 大津商業

 宮下真・宮下こ ④-0 田中・石橋
 林田・上田     ④-1 井上・木瀬

 中村・吉原   ④-0 中出・嶋田
 
 <3回戦>
 文大杉並 ②-0 宮崎商業
 林田・上田     ④-0 松田・鳥越
 宮下真・宮下こ ④-1 島本・松永
 
 <準々決勝>
 文大杉並 ②-0 白鴎大足利
 宮下真・宮下こ ④-1 井腰・斉藤

  林田・上田     ④-2 津久井・酒井
 
 <準決勝>
 文大杉並 ②-0 東北
 林田・上田     ④-0 小松田・末吉
 宮下真・宮下こ ④-3 佐藤・鈴木
 
 <決 勝>
 文大杉並 1-② 和歌山信愛
 宮下真・宮下こ ④-1 小山・黒田

  林田・上田   2-④ 笠井・鈴木
 中村・吉原   1-④ 貝瀬・山口
 
  応援・選手一丸となって戦い抜いた団体戦。最終決戦の場・決勝で待っていたのはセンバツ覇者、和歌山信愛高。前日の個人戦同校決勝など、他校を圧倒する戦力で駒を進めてきました。第一対戦、宮下真・宮下こVS小山・黒田はラケットを振り切り、元気のあるプレーで勢いに乗り、個人戦準優勝ペアのミスに乗じて一気に勝利。第二対戦の林田・上田は前日の個人チャンプ笠井・鈴木に真っ向勝負。G2-1とリードする場面もありましたが、競りながらも重要ポイントを笠井・鈴木にうまくまとめられ惜敗。勝負は三番戦へと持ち込まれました。雁行陣VSダブル後衛の長いラリーが続き息をのむ展開。ゲーム内は一進一退の競り合いが続きましたが、やはりここもゲームマッチをしっかり握られ、貝瀬・山口ペアの勝利、文大悲願の優勝はなりませんでした。
 
 人にはそれぞれの人生があり、それぞれの道があります。気を抜きたい時もあれば、楽をしたい時もあります。近道をしたい。でも一番の近道は、大抵一番険しい道。「想い」が届かず、夢が叶わなかったとしても、これまでの努力が無になるわけではありません。一息ついたら、それぞれの新たな目標に向かって、また進み始めればよいのです。
  【インターハイ準優勝、おめでとう!】
 
受け継いだ「想い」の積み重ね、それが伝統。
 文大のように、選手・応援の一体感がソフトテニスという競技の力になるということを感じるチームはなかなかありません。先輩から後輩へ引き継がれるメンタリティ、個人が孤立することなく、チームプレーを重ねていく精神と姿勢。共に過ごす濃密な時間、そこから生まれる連帯感で戦う姿。インターハイを終え、三年生の引退という一つの区切りが訪れます。そして夢を追い求める「想い」は新チームに託されます。皆様からのこれまでの叱咤激励にお礼を申し上げるとともに、新体制となる文大杉並ソフトテニス部を今後ともよろしくお願いいたします。
 
 *****************************************
 
 国体選考会
 
 平成2719日から22日にかけ、国体選考会が行われました。
 
 【2次リーグ及び最終リーグの結果は「ニュース(大会結果)」をご覧ください。】
 
 東京ルールにより、関東大会個人優勝ペアの林田・上田組がすでに代表決定しており、最終リーグ1位の勝又・宮下組が国体候補選手となりました。その他の候補・代表選手については、インターハイや各都大会、強化練習会等の内容を検討し、都高体連ソフトテニス専門部・強化部により決定されます。

 第70回国民体育大会関東地区予選会(ミニ国)は8月22、23日に埼玉県智光山公園テニスコートで行われ、少年女子は8都県中2代表が出場権を得ることになっています。
 
  *****************************************
 
 ハイジャパ 開催中
 
 平成27624日から28日、札幌市営円山庭球場に於いて、「第44回ゴーセン杯争奪戦 ハイスクールジャパンカップソフトテニス2015」が開催されています。
 東京を代表する6名の選手がシングルス・ダブルスにわかれて日本一を目指します。
文大杉並高からはシングルスに上田選手・林田選手が出場しています。

24日は開会式・組み合わせ抽選会&レセプション。男子は南から、女子は北から抽選会が行われました。次々と対戦相手が決まっていき、女子シングルスでは、一回戦から優勝候補同士、上田選手と和歌山信愛高・笠井選手の激突となりました。

<1回戦>

 林田 ④-0 中山(高知商)
 
上田 3-④ 笠井(和歌山信愛)
   (F6-8)

 女子1回戦、会場注目の一戦はファイナルジュースの末、上田選手の惜敗でした。

<2回戦>
 
林田 ④-3 安斎(田村)

<3回戦>
 林田 ④-2 渡辺(とわの森三愛)

<準々決勝>
 
林田 ④-3 山根(須磨学園)

<準決勝>
 
林田 2-④ 貝瀬(和歌山信愛)

<決 勝>
 
笠井 ④-1 貝瀬
(和歌山信愛) (和歌山信愛)

 
  勝負に「たら・れば」はありませんが、上田選手を退けた笠井選手が同高対決を制し、優勝しました。おめでとうございます。
 
 
 林田選手、ベスト4おめでとう!
 
 
      上田、林田両選手
 
 ******************************************
 
想いの強さ 夢を現実に
     ~ 大激戦区 東京を制す ~
 
 平成27614日、有明テニスの森公園コートに於いて、「平成27年度東京都高等学校総合体育大会兼全日本団体選手権東京都予選」が開催されました。
 
<1回戦>

  文大杉並 ③-0 大妻
 
 <2回戦>
 
 文大杉並 ②-0 都武蔵村山
 
 <準決勝>
 
 文大杉並 ②-0 都昭和
 
 受験を控え、この大会を最後に引退する3年生も多かったと聞きます。敗戦が決まった瞬間に今までの情熱が一気にあふれ、涙する姿も…心打たれる瞬間でした。
  文大が決勝進出を決めた反対側の山では千代田女学園と国本学園の、関東大会団体準決勝の再現になりました。1勝1敗の三番勝負の末国本学園が勝利、決勝は関東大会と同じ対戦になりました。
 
 <決 勝>
 
 文大杉並  ②-0 国本学園
  林田・小松崎 ④-3 花園・坂東
  宮下(真)・上田 ④-0 歌田・掛川
 
 目指しているところはどこですか?夢を現実に変える日はいつでしょう?即答できるのなら、その日から逆算すれば今の自分に何が足りないのか分かるはず。

インハイの借りはインハイでしか返せません。この一年の努力が実を結び、去年の悔しさ、一緒に戦ったOGの気持ちを胸に大暴れするチャンスを得たのです。

しかし、勝利をめざし努力はしますが、”ただ勝てばいい”のではなく、いろいろな方々から応援される存在でありたい。「勝つことだけがすべてじゃない。」No1の選手は必ずNo1の振る舞いをします。それは試合に対する臨み方だけではありません。日常生活からNo1に。そして自分のためだけではなく、チームの誰かのために。身の回りで自分を支えてくれる誰かのために。感謝の気持ちを忘れず、そんな誰かのために戦える選手・チームは本当に強いと思います。

 
さあ、たくさんの想いとともに奈良インハイを戦いましょう。
   49人の想いの力見せてやれ!
      全力プレーで想いを伝えよう!
 
 全国高等学校総合体育大会(奈良インターハイ)

【日程】平成27年8月1日(土)から8月4日(火)
【会場】奈良県明日香村橿原公苑明日香庭球場
【住所】奈良県高市郡明日香村小山183
【電話】0744-54-3645
 
 ******************************************
関東大会 ~ 熱き群馬の戦い ~
 群馬県前橋総合運動公園にて、66日団体戦、67日個人戦が行なわれ、団体は2年ぶり13回目、個人は7年連続の優勝となりました。
 
 
≪6月6日 団体戦≫
<1回戦>
 文大杉並(東京)③-0 埼玉平成(埼玉)

<2回戦>
 
文大杉並(東京)③-0 植草学園大附(千葉)

<準々決勝>
 
文大杉並(東京)②-0 宇都宮短大附(栃木)

<準決勝>
 
文大杉並(東京)②-0 健大高崎(群馬)
 国本学園(東京)②-0 千代田女(東京)

<決勝>
 
文大杉並(東京) ②-0 国本学園(東京)
 
 宮下(真)・上田④-1 花園・坂東
  林田・小松崎  ④-0 澤田・越智
  森川・生方      -  歌田・掛川

 
  ここ数年の東京代表のレベルは高く、特に今回の関東大会では、ベスト4に東京代表3校すべてが入りました。翌日の個人戦も東京代表の活躍が期待されました。
 
    2年ぶりの優勝、おめでとう!
 
 ≪6月7日 個人戦≫
 <4回戦>
 
林田・上田    ④-0 安藤・濱名
(東京・文大杉並)    (埼玉・星野)
 
 小林・清原    ④-1 北山・田畑

(東京・文大杉並)    (埼玉・埼玉平成)
 
 渡辺・川村    ④-1 田中()・根本

(埼玉・川口総合)    (東京・文大杉並)
 
 権田・十九浦   ④-1 井腰・齋藤

(東京・千代田女)    (栃木・白鴎大足利)
 
 花園・坂東    ④-3 永井・小松崎

(東京・国本学園)    (東京・文大杉並)
 
 前田・前田    ④-3 岡村・箭本

(埼玉・上尾)      (山梨・甲府商)
 
 高橋・北山    ④-3 勝又・生方
(神奈川・相洋)     (東京・文大杉並)

  
  泉・川瀬     ④-1 山本・笹本
(東京・千代田女)    (山梨・甲斐清和)
 
 佐藤・赤司    ④-3 岡野・高橋

(埼玉・埼玉平成)    (神奈川・横浜商)
 
 宮下()・宮下() ④-3 永井・河村
(東京・文大杉並)    (千葉・昭和学院)
 
 中村(彩)・吉原   ④-1 澤田・越智

(東京・文大杉並)    (東京・国本学園)
 
 樽見・小嶋    ④-1 有井・竹澤

(茨城・東洋大牛久)   (埼玉・星野)
 
 江口・井上    ④-3 館・宮本

(埼玉・埼玉平成)    (千葉・植草学園)
 
 八木・磯     ④-1 遠藤・島津

(埼玉・昌平)      (東京・千代田女)
 
 丸山・速水    ④-3 佐藤・堀田

(群馬・高崎商)     (神奈川・相洋)
 
 森川・高橋    ④-3 石井・森

(東京・文大杉並)     (神奈川・日大藤沢)
 

<5回戦>
 林田・上田    ④-1 小林・清原
(東京・文大杉並)    (東京・文大杉並)

 権田・十九浦   ④-1 渡辺・川村

(東京・千代田女)      (埼玉・川口総合)

 花園・坂東    ④-1 前田・前田
(東京・国本学園)    (埼玉・上尾)

 泉・川瀬     ④-0 高橋・北山

(東京・千代田女)    (神奈川・相洋)

 宮下()・宮下() ④-0 佐藤・赤司
(東京・文大杉並)    (埼玉・埼玉平成)

 中村(彩)・吉原 ④-0 樽見・小嶋
(東京・文大杉並)    (茨城・東洋大牛久)

 八木・磯     ④-0 江口・井上

(埼玉・昌平)      (埼玉・埼玉平成)

 森川・高橋    ④-1 丸山・速水
(東京・文大杉並)    (群馬・高崎商)

 

<準々決勝>
 林田・上田    ④-0 権田・十九浦
(東京・文大杉並)    (東京・千代田女)

 泉・川瀬     ④-3 花園・坂東
(東京・千代田女)    (東京・国本学園)

 中村(彩)・吉原 ④-2 宮下()・宮下()(東京・文大杉並)    (東京・文大杉並)

 八木・磯     ④-2 森川・高橋
(埼玉・昌平)      (東京・文大杉並)

 
<準決勝>
 林田・上田    ④-1 泉・川瀬

(東京・文大杉並)    (東京・千代田女)

 中村(彩)・吉原 ④-1 八木・磯

(東京・文大杉並)    (埼玉・昌平)
 
 <決 勝>
 林田・上田    ④-1 中村(彩)・吉原(東京・文大杉並)    (東京・文大杉並)

 
 団体メンバーの選から漏れた代表選手にも期するものがあった個人戦。5回戦から同校対決が始まる展開に。前日の団体結果を証明するかのようにベスト8中、7ペアを東京代表が占めました。文大選手の頑張りもあり、幸いにも同校決勝が行われ、林田・上田ペアが優勝しました。
 
 部員の皆が目指しているその「場所」は高い山と同じ。頂上付近の空気は薄く、背負う荷物も重い。登るにも辛さ、苦しさが伴います。そんな「場所」なんて目指すんじゃなかった、と心が折れそうな時もあるかもしれません。しかし、後になって思い返せば、この経験は、結局は楽しかった辛さ、苦しさだったのだとわかる時がくると思います。そしてその「場所」には、登った者にしか見ることのできない素晴らしい景色が待っているはず…。

頂上を目指すにはまず足元の一歩から。インハイ団体の代表枠は「1」。今週末の東京予選に向けて、最高の準備をしていきましょう。



すべてにおいて、完全な準備をしなければならない。準備に「やりすぎ」などという言葉はないのだ。              【イビチャ・オシム】
 
    文大パワーで攻めまくれ!
 
 
 【優 勝】林田・上田
 
 【準優勝】中村(彩)・吉原
 
 【ベスト8】宮下(真)・宮下(こ)
 
 【ベスト8】森川・高橋
 
   ******************************************
  熱闘!インハイ予選
 
 平成27年5月17・24日の両日、「平成27年度インターハイ個人東京都予選」が行われました。
 


 
勝ち残りが行われた24日、優勝する権利を得た64ペア中、文大杉並高から16ペアが出場しました。組み合わせに「不運」ともいえる初戦からの同校対決もあり、勝ち進むにつれ、その頻度が上がっていきました。また、競った内容の試合が多く、各校・各選手のインハイにかける思いが伝わってきました。以下はインハイ決定戦以降の結果です。    
 【六回戦】(ベスト8インハイ決め)

花園・坂東   ④-0 内山・福原
(国本学園)      (豊南)


泉・川瀬    0-④ 永井・高橋
(千代田女)      (文大杉並)


森川・生方   ④-3 國分・田中
(文大杉並)      (千代田女)

林田・宮下(こ) ④-1 遠藤・島津
(文大杉並)      (千代田女)  

権田・十九浦  ④-1 清原・小林
(千代田女)      (文大杉並)

田中(咲)・根本 2-④ 中村彩・吉原    (文大杉並)      (文大杉並)

勝又・小松崎  3-④ 紺谷・五十嵐
(文大杉並)      (文大杉並)

佐藤・渡辺   3-④ 宮下(真)・上田
(千代田女) 
     (文大杉並)
【準々決勝】

花園・坂東   ④-3 永井・高橋
(国本学園)      (文大杉並)


森川・生方   2-④ 林田・宮下(こ)
(文大杉並)      (文大杉並) 


権田・十九浦  3-④ 中村(彩)・吉原
(千代田女)      (文大杉並)
 紺谷・五十嵐  3-④ 宮下(真)・上田
(文大杉並)      (文大杉並)


【準決勝】

花園・坂東   3-④ 林田・宮下(こ)
(国本学園)      (文大杉並)

中村(彩)・吉原 2-④ 宮下(真)・上田
(文大杉並)      (文大杉並)
      

【決 勝】


林田・宮下(こ) 1-④ 宮下(真)・上田
(文大杉並)      (文大杉並)
 
 負ける悔しさがあるから苦しさにも耐えていける。勝つ喜びがあるから悲しくても前へ進んでいける。それを繰り返していくうちに勝ち負けを超えていける時があります。その時とは自分自身に勝てた時。自分のプレーを加速させるのも、ブレーキをかけるのも自分のこころ、メンタル次第。ミスを恐れず、その瞬間その瞬間で自分のできることに集中すれば、おのずと結果はついてくるものです。
 
 インハイ切符8枚のうち、6枚を手中にすることができました。この結果に驕り高ぶることなく、二週間後の関東大会、三週間後のインハイ団体予選に向かっていきましょう。些細な気の緩み・集中力の欠如から真逆の結果が出ることもあるのですから…。
 
【優 勝】宮下(真)・上田
 
【準優勝】林田・宮下(こ)
 
【ベスト4】中村(彩)・吉原
 
【ベスト8】紺谷・五十嵐
 
【ベスト8】森川・生方
 
【ベスト8】永井・高橋
 
 以上、6ペアがインターハイに出場します。
 
※年間日程などでお知らせしてありましたインターハイ団体予選(6月14日開催)ですが、府中の森テニスコートから有明の森テニスコートへと会場変更されました。応援等を予定されていた方はご注意ください。
  ******************************************
 2015 関東大会情報
すでに各地区で予選が始まっており、続々と代表校が決定しています。確認できる範囲での情報を集めました。詳細は各都県高体連ソフトテニス専門部HPでご確認ください。

 関東高等学校ソフトテニス大会 出場校

東京:
 国本学園・文大杉並・千代田女学園

千葉:
 植草学園大附・昭和学院・西武台千葉・
 千葉黎明

神奈川:
 日大藤沢・相洋・川崎橘

埼玉:
 上尾・星野・埼玉平成

茨城:
 東洋大牛久・つくば国際

栃木:
 白鴎大足利・宇都宮短大附

山梨:
 甲府商業・笛吹

群馬:
 健大高崎・高崎商業・東京農大二高

 *******************************************
 速報 関東団体予選
    ~ 捲土重来を期す ~
 
 平成27年5月3・4日の両日、「平成27年度関東高等学校ソフトテニス団体選手権大会東京都予選」が行われ文大杉並高校が準優勝しました。
 
 
大会初日(3日)
 文大杉並 ③-0 桜美林
 文大杉並 ②-0 都戸山

 
 大会二日目(4日)
四回戦
 文大杉並 ③-0 都青梅総合
五回戦
 文大杉並 ②-0 実践女子

準決勝
 文大杉並 ②-0 都清瀬
決 勝
 文大杉並 1-② 国本学園
  宮下(真)・上田 ④-0 歌田・掛川
  勝又・生方    3-④ 花園・坂東
          (F3-7)
  林田・宮下(こ) 0-④ 澤田・越智

三位決定戦
 千代田女学園 ②-0 都清瀬
 
  強風の中での試合となり、各校の選手も風の動きに翻弄される場面が多くありました。ただ、どちらか一方にだけ不利に吹くわけではなく自然は平等。環境の変化への素早い対応が求められます。そして、そんな状況下でのダブルフォルト・レシーブミスは致命傷となり、せっかく掴んだ流れを自ら放り出すことに…。
 結果は惜しくも準優勝でしたが、東京第二代表として関東大会に出場します。ご声援をよろしくお願いいたします。
 
 
  関東大会でも 文大パワーで攻めまくれ!
 
 *******************************************
 
 速報 関東個人予選
 
 
 平成27年419日から26日の二週にわたり、「平成27年度関東個人東京都予選」が行われました。
インハイ予選の前哨戦となる関東個人予選。今大会の結果がインハイ予選のシードに関係することもあり、家政大会場において20ペアの出場枠をめぐり熾烈な戦いが繰り広げられました。途中経過及び結果は以下に記載しますが、文大からは9ペアが関東大会に出場します。

 
 六回戦(ベスト16関東決め)
中村(彩)・吉原 ④-0 荒・山岸(国本学園)
田中・根本          0-④ 遠藤・島津(千代田女)
永井・小松崎     ④-0 林・井熊(日大鶴丘
紺谷・川村        3-④ 金子・鈴木(都清瀬
林田・上田        ④ー1 野村・大平(国本学園)
福住・中村()     0-④ 花園・坂東(国本学園)
小林・清原          ④-2 國分・田中(千代田女)
市川()・山瀬   3-④ 泉・川瀬(千代田女
森川・高橋          ④-0 高林・小松(文京学院)
宮下・宮下(こ) ④-0 佐藤・猪野(都清瀬)
横山・寺本          ④-3 佐藤・渡辺(千代田女
勝又・生方          ④-0 菅野・田村(豊  南

  七回戦
中村(彩)・吉原 1-④ 遠藤・島津(千代田女)
永井・小松崎   1-④ 歌田・越智(国本学園)
林田・上田    ④-1 金子・鈴木(都清瀬)
小林・清原          1-④ 花園・坂東(国本学園)
森川・高橋    ④-3 泉・川瀬(千代田女)
宮下・宮下(こ) ④-1 横山・寺本
勝又・生方    ④-0 歌田・掛川(国本学園)
  準々決勝
林田・上田    1-④ 権田・十九浦(千代田女)

森川・高橋          0-④ 花園・坂東(国本学園)
宮下・宮下(こ) ④ー2  勝又・生方
 準決勝
宮下・宮下(こ) 2 花園・坂東(国本学園)
 
  敗者復活初戦
田中・根本          -1
 荒・山岸(国本学園)
紺谷・川村        ④-1 野村・大平(国本学園)
福住・中村(友)     1-④ 國分・田中(千代田女)
市川(舞)・山瀬   ④-0
 高林・小松(文京学院)
 敗者復活(関東決め)
田中・根本          ④-1 久保田・工藤(武蔵村山)
紺谷・川村          3-④ 渡辺・見目(実践女子)

市川(舞)・山瀬   1- 國分・田中(千代田女)

 
 【ベスト4】宮下(真)・宮下(こ)
 
  【ベスト8】林田・上田
 
  【ベスト8】森川・高橋
 
  【ベスト8】勝又・生方
 
   【ベスト16】中村(彩)・吉原
 
  【ベスト16】永井・小松崎
 
  【ベスト16】小林・清原
 
  【ベスト16】横山・寺本
 
  【敗者復活】田中・根本
 
関東大会情報
  平成27年6月5日 開会式
      6月6日 団体戦
      6月7日 個人戦

群馬県前橋市荒口町437-2 前橋総合運動公園

TEL:027-268-1911

 *******************************************
 
 
 Welcome! A Newcomer
 
 2015年4月8日に入学式が執り行われました。
入学式後には、ソフトテニス部の「新入生歓迎会及び育成会説明会」が開かれました。
新入部員の皆さん、文大杉並高校ソフトテニス部へようこそ。これからの活躍を期待しています。
Let's fight with us. Toward the apex of Japan !
 
 *******************************************
 
 惜敗!全日本選抜
 
 

 平成27328日から30日にかけ、名古屋・日本ガイシホールに於いて第40回全日本高等学校選抜ソフトテニス大会」が開催され、文大杉並高校がベスト4、3位入賞しました。

 

二回戦
文大杉並 ③-0 岡崎城西

三回戦
文大杉並 ②-0 金沢学院東

個別の対戦だけを見れば順調のように見える結果もミスが多く、内容的には苦しい試合が続きました。

 

四回戦
文大杉並 ②-0 羽黒
永井・小松崎 ④-0 剱持・渡部
宮下・上田  ④-2 猪俣・渡部

 

準決勝
文大杉並 1-② 和歌山信愛
永井・小松崎 ④-2 貝瀬・山口
宮下・上田  3-④ 小山・黒田
中村・吉原    2–④ 笠井・鈴木

 

今年のセンバツは突出した存在がなく、どの強豪校にもチャンスがあるように思われました。そんな中、実力伯仲の両校の対戦は熾烈なものとなりました。皆の声援を背に、選手は奮闘しましたが、要所要所でのミスが響き、健闘むなしく惜敗しました。

頂点を目指し、狙っていった今大会。悔しくても、悲しくても、この結果を受け入れられないと次のステージには進めません。今を受け入れることで、今の気持ちが必ず未来に進む力になるはずです。

 

『大した苦しみもないかわりに大した喜びもなく、大した努力もしないかわりに大した成果も得られず、ぬるま湯につかったような人間が多い中で、慟哭【どうこく:悲しみのあまり、声をあげて泣くこと】を味わえる人間は幸せなのだ。だからその慟哭と真正面から対決しなければ、真の人生は生きられないのだ。』(「エースをねらえ!」より)

 

この大会でインドアシーズンが終了し、春の大会がすぐに始まります。気持ちを新たに、次の目標に向かっていきましょう。悔し涙を嬉し涙へと変えていけるように…。

 

    おめでとう 全日本選抜ベスト4!

 
 *******************************************
 
 全日本私学大会 開催
 
 東京体育館に於い、平成27年3月21日~23日の期間で「第49回全日本私立高等学校選抜ソフトテニス大会」が行われました。
 


21
日(団体戦)
二回戦 文大杉並 ③-0 五所川原商
三回戦 文大杉並 ②-1 中村学園
準決勝 文大杉並 0-② 昇  陽
22日(個人戦予選リーグ)



宮下・上田  3勝 予選リーグ突破
中村・吉原  3勝 予選リーグ突破
勝又・小松崎 3勝 予選リーグ突破

23日(個人戦決勝トーナメント)
一回戦
宮下・上田  ④ー3 阿知波・山田(多治見西)
中村・吉原  1-④ 権田・十九浦(千代田女)

二回戦
勝又・小松崎 3-④ 永尾・中崎(昇陽)
宮下・上田  ④ー0 梶原・松井(鈴峯女子)

三回戦
宮下・上田  ④ー1 貝瀬・山口(和歌山信愛)

準決勝
宮下・上田  3-④ 小山・黒田(和歌山信愛)

 
  おめでとうベスト4! 宮下・上田ペア
 
 集中力が欠け、単純でつまらないミスから流れが変わって一気に試合を持って行かれてしまう。そうかと思えば、周りの音が全く聞こえなくなり、“とんでもない”ナイスボールを打ち込んだのに、自分でどうやって打ったのか覚えていない…。「ゾーン」と呼ばれる≪その瞬間≫は、並外れた集中力と反復練習によって体に染みついた技術の、心と身体の合わせ技。日々の鍛練を積むことで、精神が肉体を凌駕する瞬間がやってきます。1球の重み・大切さそして怖さを実感する大会でした。
『この世のすべてに終わりがあって、人生にも試合にも終わりがあって、いつと知ることはできなくても1日1日、1球1球かならず確実にその終わりに近づいているのだ。だからきらめくような命をこめて、本当に二度とこないこの1球を精一杯打たねばならないのだ。』
山本鈴美香 著:「エースをねらえ!」より)

今週末はいよいよ全日本選抜。

魂込めて打ち返せ!
    生きたボールは取られない!
            めざせ、てっぺん!

 *******************************************
 
 お知らせ
 
 2015年3月15日、文化学園八王子テニスコート(犬目コート)を使用しての最後の練習が行われました。
 現役生・OGの汗と涙が染み込み、みんなの笑顔とソフトテニスの楽しさを包み込んでくれたコート、ヒーヒー言いながら繰り返す入口前の坂道ダッシュ…思い出がたくさん詰まったコートにお別れです。
  
 
  クレーコート10面をいつも完璧に仕上げてくださった管理人の田島さん。八王子インター付近では大渋滞の中、送迎してくださった運転手の鶴見さん。長きにわたり文大杉並ソフトテニス部を支えていただき、本当に、本当にありがとうございました。
 
 
 
 *******************************************


【部訓】


「心が技術を超える」

「勝つことより大切なことがある」



【連絡】
最終更新日 
2017/4/8


2017/4/8
HP引越のお知しらせ

2017/4/8
全国選抜結果

2017/4/8
全国私学結果

2017/2/26
アゼリアカップ結果


2017/2/12
シングルス大会


2017/1/29
関東インドア結果

2017/1/9
東京インドア結果


2016/11/27
私学新人大会結果

2016/11/12
新進大会結果

2016/10/15
フォトアルバム更新


2016/10/15
三冠祝賀会掲載


2016/10/15
私学団体戦結果
(団体戦写真追加)


2016/10/9
フォトアルバム更新


2016/10/9
いわて国体結果


2016/9/19
JOC杯結果
(9/20修正)

2016/9/11
私学大会結果


2016/09/11
新人大会結果


2016/08/11
インハイ結果


2016/07/10
ハイスクールジャパンカップ結果


2016/07/09
全国総体団体予選結果


2016/06/15
関東大会結果

2016/05/31
全国総体個人予選結果


2016/05/17
全日本シングルス結果


2016/05/12
関東大会東京都予選結果


2016/05/03
5月の予定更新

2016/04/10
年間日程・クラブ紹介更新


2016/03/31
全国選抜大会結果


2016/03/23
私学大会団体結果

2016/03/18
予定訂正
(私学大会の団体と個人が逆でした)


2016/03/08
予定更新


2016/02/23
アゼリアカップ結果


2016/02/12
浜松インドア結果


★2016/01/31
シングルス大会結果


★2016/01/28
予定更新


★2016/01/15
関東高校選抜大会結果

★2016/01/06
東京都インドアソフトテニス大会結果

★2016/01/01
1月の予定更新

★2015/12/23

東京私立高等学校新人選手権大会結果

★2015/12/09
12月の予定更新


★2015/11/07
新進大会写真追加

★2015/11/06
新進大会結果

★2015.11.5
和歌山国体結果


★2015.9.26
JOC杯結果

★ 2015..9.1
MAIN TOPIC に新人大会のご報告をUPしました。

★ 2015..8.27

MAIN TOPIC に私学大会のご報告をUPしました。


★ 2015..8.7

MAIN TOPIC にインハイ特集をUPしました。


★ 2015.7.23
MAIN TOPIC に国体選考会を UPしました。


★ 2015.6.27
MAIN TOPIC にハイジャパ速報を UPしました。


★ 2015.6.15
MAIN TOPIC にインターハイ団体 東京予選の結果をUPしました。


2016年のインターハイは岡山県で開催されます。







       

文大杉並ソフトテニス部

スマートフォン版

文大杉並ソフトテニス部